科学史、音楽、露西亜、そして、、、

アクセスカウンタ

zoom RSS ボーム『因果性と偶然性』

<<   作成日時 : 2005/12/02 21:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 上記の本を今日図書館で借りてきた。ぱらぱらめくっただけだが、なんとなく理解できそうな、楽しく読めそうな予感がしている。
 2年ほど前ならとてもそのようには感じられなかっただろう。もちろんここに書かれている物理学上の内容は周知のことなのでかなり分かっただろうが、肝心要のボームの世界観は表面的にしか見えてこなかったに違いない。それが今理解できそうなのは、意外に思われるかもしれないが、ここ一年間ソヴィエトの歴史史料に集中して取り組んだ経験を持ったからである。
 変なことを言う、と思われるだろうか。ボームはアメリカ人で、ずっと西側にいたのではなかったか?

 歴史をやっていると、時々思いもよらぬ事象のつながりが発見できたりするのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ボーム『因果性と偶然性』 科学史、音楽、露西亜、そして、、、/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる