科学史、音楽、露西亜、そして、、、

アクセスカウンタ

zoom RSS 研究テーマの裏技的紹介法

<<   作成日時 : 2006/03/14 22:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 今、1930年代半ばに出版された『大ソヴィエト百科事典』のある項目に加えられた、修正というか、この項目の記述が決定するまでのいきさつのことを調べていて、これをもとに一本小さな論文というか研究ノート程度のものを書いてやろうかと考えている。
 大ソヴィエト百科事典は原語で綴ればБольшая Советская Энциклопедия。略してБСЭと表記されることが多い。この略記の綴りをラテン文字に翻字するとBSEとなることに、今日気づいてしまった。。。

 そうか、私は今BSEを読み、BSEについて考え、BSEに関する文章を書こうとしていたのだ。
 これからは「私の今の研究テーマはBSEです」と言おうかな。科学論者の一部を除いて、大概の人は「ああ、そうですか」と言って引き下がってくれるだろうし、テーマ説明の手間が省ける。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ラテン文字
ラテン文字ラテン文字(ラテンもじ)は、ローマ文字ともいい、英語など多くの言語で使用される表音文字の集合である。これを並べることで単語を表記し、単語を区切って並べることで文章を形作る。ラテン文字は、アルファベットの一種であるが、日本ではアルファベットという言葉で単にラテン文字を指すことも多い。.wik... ...続きを見る
世界の言語
2006/04/07 08:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
研究テーマの裏技的紹介法 科学史、音楽、露西亜、そして、、、/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる