科学史、音楽、露西亜、そして、、、

アクセスカウンタ

zoom RSS パワーポイントの功罪など

<<   作成日時 : 2006/06/02 23:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

 前回のエントリーで学会発表のことについて書いたが、ちょっと書きたりなかったことを一点。

 きょうびプレゼンをやる人たちはよくご存知のように、パワーポイントのような発表支援ツールは世界中で急速に普及している。あれは高々この2,3年ほどに普及したものに過ぎないように思うが、まあえらく急速な広まりようである。
 発表する側、聞く側双方にとってのメリットが大きいからだろう。何よりも視覚的にカラフルだし、あらかじめ紙やOHPシートに資料や主張点を記して印刷してくるという手間も省かせることが可能だ。発表5分前まで内容に磨きをかけることも可能になる。シートの交換もOHPに比べれば物理的にやるわけではないので簡単だし、強調もレーザーポインターなどよりもより印象深い方法で行うことができる。

 しかし上述したような利点にも落とし穴があるように思う。発表する側からすれば、あまりにもおのおののシートを視覚的に楽しいものにできるため、発表の本質的な内容ではなくどうしても細部の綺麗さを整えたりすることに労力を使いがちになるのではないか。ノートを何色もの蛍光ペンで強調するのにかまけて肝心のそこに書かれた内容の学習がおろそかになっている女子中学生と同様の事態に陥りかねない。
 あと、発表5分前まで内容に磨きをかけることができるという点にしても、場合によっては、前日までにきちんと内容を練り上げ、「これでいく」という決断を鈍らせてしまうかもしれない。
 聞く側からすれば以下のような不便が感じられる。これはOHPだけで進められる発表もそうだが、レジュメを渡されていない場合、一つ一つのシートの内容を、質問の段になって/発表途中でも、改めて繰りなおして確認することができず、話されている内容同士の連関を聞き手の頭の中でつなげにくいと感じることがある。まあこれは多くの人がやっているようにシートを紙に打ち出して配布してもらえれば解決するのだが。
 ほかに、これもパワーポイント(あるいはそれ以前のOHPから?)の普及と密接な関係があると思われるが、発表の際シートに発表者の連絡先や参考文献表を明記することを怠る人が多いような気がする。聞く側からすれば、発表を聞くのはたいていは、よく知らない分野について興味を惹かれ勉強してみようかと思うからだ。テーマが気に入ったり、発表内容についてよりよく知りたいと思ったときに、発表者に質問したり自分で調べてみることができるよう、会場をあとにした後にも手元に発表者連絡先と参考文献表は残るようにしておいてもらいたいものだ。
 そうしたことからすると、パワーポイントで視覚的効果をあげることに汲々とするだけではなく、やはり昔ながらの地味なレジュメも印刷して会場で配布するのは必要なことではないか。そうした一見紙資源の無駄に見えるような振る舞いと協働してこそ、新しい発表支援ツールもその真価を発揮できるだろう。

 ちなみに私、パワーポイントを使って発表したことがなく、いまだに、発表原稿をあらかじめ作ってそこからの切り出しで味も素っ気もないレジュメを作り配布するという、21世紀とは思えないような地味な発表をやっています。会場スタッフからすれば手間のかからない発表者ですが、聴衆がどう思っているかはわかりません。
 上で述べたような確信があるから、というよりソフトが手元にないから、でもあります。一回ぐらいパワポを使った発表に挑戦したいとも思っています。
 誰か分けてくれませんか。
 なんておおっぴらに言ってはいかんのだろうけど^^

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
久しぶり!
少し前にブログを実名でやるか匿名でやるかについての話があって、コメントしようと思いつつ、早幾日も過ぎ… 今更その場所にコメントしても気付かれ無そうなのでここにします。^^(もしかして読み飛ばしたりして的外れand/or既に書いてあることをコメントするかもしれないけれど、どうかお許しを…と予めあやまっておきつつ^^)
それで、書いて投稿しようとしたら500文字以内にしろといわれたので分けます。
bassmori
2006/06/03 07:27
匿名といっても大きく分けて、実世界の知り合いには全く知らせず完全にネット上の別世界として運営している人と、実世界の知り合いの一部には知らせつつ、でも匿名で運営している場合、の2種類があるかなと思います。私や土民さん(といって分かるでしょうか)などは後者ですね。それで、「匿名だと責任感が薄くなる」っていうのは、前者に対してはその危険性はあっても、後者の場合には、あまり危険性はないと思うのです。だって、変なことを書いたら、実世界で親しい人達の信用を失ってしまうのだから。それでは、実名にしないのは何故かといったら、うーん、どうしてだろう。そこまで深く考えたわけではないけれど、例えば、今の時代、人名をgoogleで検索するなんていうことは、もはや日常茶飯事になっていて、実際、(他の分野のことは分からないけれど)学会の口頭発表会場には無線LANが完備になっていることが多くて、発表者の発表を聞きつつ、さてこの人はどんな仕事をしているだろうかとgoogleを引いてみる、なんてことがなされている昨今では、そうした場面で、いきなりブログまで読まれるのは、どんなものかな〜と思うからです。
bassmori
2006/06/03 07:28
(プラスかマイナスかよく分からないけれど、分からないからとりあえず保留といった感じで)。

あと、別のところに書いてあったけれど、ブログをつける意味について。これも深く考えたことはないけれど、私の場合正直なところ、特に海外に出ている今は、「こんな面白いもの見つけたけれど、どう?」と話したい、けれど周りには話す相手がいなくはないけど少ない、というか自分の前から知っている人にも話したい、でもいちいちそんなメールを送ったり写真を送ったりしてたら、そりゃ無論うざがられる、ということの解決策になっている面が大きいのです。それじゃ公のネットにしなくても良いじゃんと言われたらそういう面もあるけれど、まずミキシとかいうものは名前と存在はおぼろげに知ってるものの使ったことはないしインターネットの方が簡単であること、それから、実世界の知り合いで無い人との繋がりがもし生まれたら、それはそれに越したことがないな〜(「望外の喜び」的な意味で)と望むからでもあります。
bassmori
2006/06/03 07:29
実際、私自身、旅行関係とか、音楽関係とか、全く知らない人のブログを読んだりもするし(googleとかでたまたま見つけて)、なかなか面白く、参考になることも多いのです。なので、私も逆に、何か情報を探している人がgoogleやYahooで私のブログに辿り着いた方に、楽しんでもらえたら、何か有益な情報を教えてあげられたら、そして時には、そこから新たな交友を広げられたら(まだそういった経験はないけれど)良いな〜と思うからなのです。

といったわけでずいぶん長いけれど(でも元々のじゅにの文が長いから、コメントもどうしたってこの位になっちゃうよ^^)とりあえずそんな感じです。

ところで西欧に留学している人の致命的な欠点って何? 留学というほど長くいってないけれど、やっぱり気になるよー
bassmori
2006/06/03 07:35
どうもどうもbassmoriさん、丁寧なコメントありがとうございます。
私も実名でブログをやっているのは書いたとおり成り行きでありましてもともとの動機としてそれほど深い意味があるわけではありませんが、
確かにおっしゃるとおり匿名ブログも区分けしないといけませんね。分別が必要ですね

ご指摘されている実名のヤバさについては自覚してませんでした、なるほどなあ
確かに、金山の発表を聞きながら会場で名前を検索している人がいたとしてエントリー「パワーポイントの功罪について」が真っ先に出てきたりしたらちょっと感じ悪いですね(笑)今更このエントリーを引っ込めるわけにもいきませんが
西欧に留学云々は、いくらコメント欄とはいえそれこそ実名ブログでおおっぴらに書くと差しさわりがある(というより私の頭の中でもさほどまとまってないのでまだ書きたくない)ので今度会ったときに話しましょう
金山浩司
2006/06/03 11:35
そういえばブログをやる意味について云々で悩んでいる、ということも書いたんだっけか。
これについては未だ揺れています。
ただ、bassmoriさんのように詳細にエントリーを読んでくれ一緒に考えてくれる人がいる以上は、そんなに悩まずに続ければいいのかもしれません
金山浩司
2006/06/03 11:42
パワーポイントの記事は、たとえ聴衆が見つけても、「この人がパワポを使わないのは、使いこなせないからではなくて、ちゃんと考えてのことなんだ」と思ってくれて良いんじゃない? パワポが良いかどうかは、うーん、分野にもよるのかも。生物のようにvisualに訴えるのが重要な分野では時としてムービーまで見せられるパワポはかなり便利だけど、聞く所では純粋数学では今も黒板にチョークが通例だというし。直前まで修正できるのは本当便利なのだけど、その一番のデメリットは、自分の前の発表がことごとく聞けなくなる(自分の修正に余念がなくて)ことかなー^^
bassmori
2006/06/03 18:59
はじめまして。

文系研究者のブログとして、楽しく読ませて頂いております。できる限りでかまいませんので、ブログを続けていただけますと、日々の楽しみが消えずに済みます。

勝手なお願いで申し訳ないのですが、一読者からのお願いでした。
st
2006/06/06 19:41
>stさん

はじめまして。stさんにとっての「日々の楽しみ」という、過分なお言葉を頂き恐縮です。
おかげさまで続けていく勇気が出てまいりました。ありがとうございます。
つたないブログですが、今後ともよろしくお願いいたします。
金山浩司
2006/06/06 23:09
>bassmoriさん

どうも私の説明が不十分だったかもしれませんが、
私がパワポを使わないのは「ちゃんと考えてのこと」ではなく、ただ単に持っていないからです^^ 積極的にパワポを否定しようとも思っていませんし。
このエントリーは、私がパワポを使わない弁明というより、
古い方法で発表をやっている人間から見た、最近の技術発展の功罪に対する批評(感想)である、と捉えていただければ、と

すみません口うるさいコメントで
金山浩司
2006/06/06 23:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
パワーポイントの功罪など 科学史、音楽、露西亜、そして、、、/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる