科学史、音楽、露西亜、そして、、、

アクセスカウンタ

zoom RSS 研究関連

<<   作成日時 : 2006/10/16 12:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 先月末再提出した論文の審査結果が返ってきた。ごくわずかの訂正を施すだけで掲載可、とのこと。ほっとする。

 現在、次に何をするか、考えている。4年前に書いた修士論文を実はまだ投稿論文化していないので、やっても良いかな、とも思う。修士論文、評価は悪くなかったが、どうも切り口が平板で、読ませるものになりきれていないような気がしており、また、博士課程に入ってからこちらの興味が移ったこともあって、3年半の間、放置してきた。しかしいろいろ物事が見えてきた今であれば、同じネタを使ってでも面白く読ませられるような気がしており、書き直しもいいかな、と思っている。
 そんなわけで4年前に読んだ二次文献を懐かしさを感じつつ読み返したりなどもしているのだが、まだ具体的な執筆に踏み切るにあたって躊躇がある。投稿論文となると、執筆、査読、書き直しのプロセスに大きく時間をとられる。博士論文の執筆を打っちゃっておいてその作業に没頭していいのかどうか、D4ともなると悩む。

 ほかに、かねてから約束していたエッセイのネタも煮詰めている。締め切りは11月。こちらは、まあ気楽に書けばいいのかもしれないが、論文以上にある意味センスの問われる仕事なので少し緊張もしている。

 そういえば、6月に投稿した小論文の査読が返ってこない。大丈夫かしら。

 先日、去年の『史学雑誌』の「回顧と展望」欄を見ていたら、私が昨年大学院紀要に載せた論文が紹介されていたのでびっくりした。この欄、その年に日本語で発表された歴史の論文は基本的にすべて網羅するコンセプトでやられている欄のようではあるが、まさかあんな査読なしのマイナーな雑誌に書いたものが科学史畑以外の人の目に留まるとは。取り上げてくださったAさん、ありがとうございます。

 今から実家に帰る。二、三日で戻って来れればいいな、と思っているが、どうなることやら。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
掲載決定おめでとう!!

…というコメントを書いても、上の広告がじゃまで、なんだか興ざめやなぁ・・・

でも、とにかく、おめでたう!!

それにしても、先月末に出したやつの採否がもう返ってくるなんて、いくら再投稿とはいえ、早すぎ・・・(うらやましいぃぃぃぃ) こっちは、8月に出した論文の結果がうんともすんとも・・・
ひら
2006/10/16 22:19
ありがとうございます!

再投稿というか、8月の時点で「修正すれば掲載可」の扱いだったから、今回返事が早かったのかもしれんです。いずれにせよ、迅速な査読ですな。

この記事でも書きましたが、一方では6月に投稿したものの採否がまだ返ってこず、若干やきもきしております。うう
まあお互い、気長に待ちましょう…

上の広告は、禁止リストに入れてしまおうと思います。
金山浩司
2006/10/19 12:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
研究関連 科学史、音楽、露西亜、そして、、、/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる