科学史、音楽、露西亜、そして、、、

アクセスカウンタ

zoom RSS GP、あと歴史家に才能は必要か

<<   作成日時 : 2007/03/03 21:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 午後、ダスビのGP。明日はいよいよ本番なり。
 5時終了。弾きまくって昂ぶった気持ちを抑えて家に帰り、少し史料読み。皆さんは「前夜祭」をやっているそうで、そちらにも心惹かれたが、論文の製作を若干急がねばならない事情があるので、失礼した。どの道明日は朝まで痛飲するだろうし。
 偉大なるショスタコーヴィチのために、今宵はゆっくり睡眠をとって、明日に備えたい・・がどうだろう。眠れるかな。遠足の前夜状態になってたりして。

 話は変わるが、「歴史は努力さえすれば馬鹿でもできる」という歴史家がいた、らしい(伝聞ですよ、あくまで)。この分野、芸術や数学とは違う、といいたいのだろうか。
 誰だろう、そんな無責任なことを言うのは。いや、私だってその言葉を信じたいのは山々なのだが、どうも実際に歴史研究らしきことをやってみると、(そして周囲を見渡してみると)やはり、この分野でまっとうな論文を書こうとすれば情報処理能力や勤勉さではカバーできないセンスのようなものが大きく要求されるのではないか、という気がしないでもない。そのセンスって何だよ、ということはここでは言いにくいが。
 ただ、あまりこの思考は突き詰めないようにしておく。石を投げられるから? いや、それもあるが、私自身がその「センスのない」「どうしようもない」歴史家だったとしたら目も当てられないからです。くわばらくわばら。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
GP、あと歴史家に才能は必要か 科学史、音楽、露西亜、そして、、、/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる