科学史、音楽、露西亜、そして、、、

アクセスカウンタ

zoom RSS 太い本を出したい

<<   作成日時 : 2007/04/30 23:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 中島らもが、エッセイで「作家には、とてつもなく分厚い本を出したい願望があるのでは」といっていた(『砂をつかんで立ちあがれ』)。博士論文を書いている今、この言葉が実感をもって響く。私もまた、論文を書き出して以来、「これを分厚いものにしたい」という邪念が働いてしまう。
 本の厚さと内容の濃さとはまったく関係ない、という名言は古来いくつもあるようだ。実際、水増ししたつまらない論文を日々読まされているのがわれわれ研究者の実態といってもよいし、それを考えれば、これ以上冗長な論文で読者を悩まさせるべきでもない。
 しかしそれはそれとして、博士論文たるもの、300ページぐらいある重厚なものにしたいなあ、という山っ気は、これもまたぬぐいえない。困ったものだ。

 5月は、少なくとも原稿用紙250枚ぶんは、とりあえず書いてみようと思う。無論、重複だの無用な部分だのはそのうち推敲で省くのだが、それだけ書けば、博士論文にも何かしら筋が通るような気がするからだ。それを十分にやってから、モスクワへ行く。推敲もする。さほど速筆ではない(かといって遅筆でもない)私としてはこれがいい目標だろう。
 今の、絶好調の執筆状況なら一日12枚のペースだから、達成は可能なはずだが、執筆は同等の密度において行われるものでもない。そこがまた。今後のことはわからない。

 ある人の態度も気になる。忙しいのはわかるが、もうちょっとばかりモラル・サポートというものを・・・

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
太い本を出したい 科学史、音楽、露西亜、そして、、、/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる