科学史、音楽、露西亜、そして、、、

アクセスカウンタ

zoom RSS モスクワよりご報告その一

<<   作成日時 : 2007/07/05 17:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

 モスクワに来て三週間たつ。ネット環境にさほどの問題はなかったのだが、どうもなかなかこのウェブを更新するきっかけがなくて、ずるずると来てしまった。
 外国行きに限らず、何か前方にことを見定めるとそのことばかりにかまけ、家族やら友人やらを省みなくなる悪い癖が、どうも私にはある。この3週間も、日中は資料集め、読書、買い物といった「攻め」の姿勢ばかりとり、息抜きは息抜きで、こちらの寮の人々との会話やウオッカでの晩酌、といった、これまた日本と異なる環境への適応という微妙に「攻め」の要素が入ったものばかり、日本での最低限の用事はメールを通じてこなしていたけれども、どうも近況報告は後回しになってしまったようだ。
 そんなわけで基本的に積極的に生きている毎日だが、むろん負けも多い。当方のふがいなさや神経質さ、当地の不効率さ、等々、いろいろ理由はあるが、とにかく日常生活においてはやや敗退しているかもしれない。来た当初はいろいろなことが予想外にうまくいったように感じていたが、これは「何かトラブルはあるもの」と構えた姿勢をとっていたからそう感じたのだろう。様子がわかってき、日常生活が開始して、「うまくいって当たり前」と思い始めた、しかし実際にはまだそこまで慣れてもいない、今の時期が精神的には重いのかもしれない。
 もっとも、プライドを取り戻すためか、勉強はよくしている。当地に来る前数週間、鬱々としていたのが嘘のようで、うって変わって勤勉になった。基本的に毎日文書館や図書館に通い、文書を取り寄せ、コピーし、読みこなしており、夜の息抜きのあとは12時か1時ごろ寝て、寝つきはよく、9時ごろには目を覚ます、という健康な生活である。言葉の問題も、予想外の事態に直面したときを別にすれば(こんなときには日本語でだってうまく意思の疎通はできないものだから、気にしてはいけない)、心配していたほどではない。
 来てからは毎日のように個人的な日記もつけているし、具体的なもろもろのネタはむろんいろいろと溜まっているが、まだそれらを報告する気分にはなっていないので、後々ということでお許しを。とりあえず、モスクワは涼しくていいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!なかなか充実したスタートのようで何よりです。ネットは寮で使えるの?東京は、ほんとに梅雨かと思うような暑い日も多かったけれど、そろそろ本格的に雨続きになりそう。私自身は、先が見えそうでなかなか煮詰まりきらない作業と、先は見えないけど締め切りはすぐそこに見える作業をこなす毎日です。続報、楽しみにしています。
bass
2007/07/06 00:33
 どうもどうも。
 本業関係は確かに、比較的快調な滑り出しです(予断めきますが、ロシアでは本が比較的安いのでつい調子に乗って買い込んでしまいます)。日常生活は、何事もルーズなこの国でのこと、うんざりすることも多いですが、そうしたことはまたいずれ。
 モスクワは今時分は9時ごろまで明るく、不思議なことに夕方5−6時ごろが一番暑いです。夜はさわやか。日本の夏を乗り切っておられる皆様には、大変ですね、と声をかけておきます。
金山浩司
2007/07/06 02:38
もう三週間も経ったんですね!
いやーモスクワうらやましいです。
寮の友達とウオッカで乾杯、とかいいですね?
どこの国の人が多いんですか?

それにしてもビール瓶片手に街をぶらついている
人たちが今でもいる、というのは嬉しいニュース?ですね!
というのも、たしか僕がいた一昨年の春に公共の場で酒を飲むのが禁止されてから、だいぶそういう人が減ったので、そのまま全然いなくなっちゃうのかなあと思ってました。
まあ法律は破るためにある、ってのがロシア流ですかね(笑)
僕はロシアでビール瓶片手に街をゆく人たちを見るのは(あるいは自分もそうするのが)結構好きです。
モスクワでの研究生活、頑張ってください!
Toruski
2007/07/06 04:48
Torusuki、久しぶりです。コメントありがとう。
寮の人とはまだあまり打ち解けていないのです。台湾人、日本人、モルダヴィア系ロシア人とは仲良くしていますが。ほかにもイラン人、ロシア人、ウズベク人、韓国人などいろいろいるようです。
モスクワではこの時期、真昼間はともかく、5時過ぎればみんな結構ビール瓶片手に闊歩していますよ。警官も見て見ぬふり。まあ、やはりロシアはこうでないとね、とついつい奇妙な感覚に陥ってしまいます。
とはいえ、猥雑さは以前より減った気はします(単に今がバカンスの時期だからか?)。物乞いも少なくなったけれど、これなんかは逆に不気味な現象のような。これについては改めて書く、かも知れません。
8月にでも、ぜひぜひモスクワに! 待ってます。
金山浩司
2007/07/07 04:44
訂正:Torusuki→Toruski

 母国語の癖って怖いです。つい母音を入れてしまいました。お恥ずかしい。
金山浩司
2007/07/07 04:53
本って、専門書? 一般書も? そういえばイギリスでも、本屋の店頭には、£4.98均一の平積みとかがありました。日本のような価格固定制度というのは、無いのでしょうかね。夜9時まで明るいというのは、羨ましい。日本の夏も、朝4時から明るくても仕方無いので、2時間ほどサマータイムを取ったら良い気がするのだけど。
bass
2007/07/08 23:55
 本の固定価格制度は、モスクワでもないようです。何であれほど本が安いんでしょうか。これはぜひとも突き止めねば。
 とにかく、本にしろコンサートチケットにしろ、安く、この点は助かっています。
 日本の夏は、あんなに暑いのだからどうせ効率が上がらないんだからバカンスにしてしまえという声もありますが、ねづかなそうですね。
サマータイムもしかり(サマータイムにしたところで、日本の都市部の平均的労働者の労働時間は変わらないように思います。そういった絶望的な感覚が、日本の労働時間の不変性を支えているような)。
 こういったことは、労働に対する考え方の違いに起因するのでしょうが、…よくわからないので、続きはまたいずれ
金山浩司
2007/07/09 04:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
モスクワよりご報告その一 科学史、音楽、露西亜、そして、、、/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる