科学史、音楽、露西亜、そして、、、

アクセスカウンタ

zoom RSS 2ヶ月

<<   作成日時 : 2007/08/16 03:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 去る13日、、当地モスクワに来てからちょうど2ヶ月たちました。
 そんな日の夜、モスクワーサンクトペテルブルク間でテロが。まあ、合理主義者たる私はこの二つの間に特に因果関係を見出そうとは思っていませんが、憂鬱な事件です。
 2ヶ月たった今、ロシアのことは特に好きにも嫌いにもなっていません。ただ当初、この国の日常生活関係における不効率、不便さに対してしばしば(内心)文句を言っていましたが、慣れてしまった今は、逆にロシアを別の面から見直したりしています。私のように人文・社会系の学術研究に従事する人間にとっては、モスクワは決して悪い街ではないです。

 研究環境についていえば、ロシア語以外の文献へのアクセスがしにくい(というか、どうすればいいのやら)とか、ネット環境が劣悪なので気軽に調べ物ができない、などということはあるものの、これらも裏を返せば、総じて日本に比べて雑音が少ない、ということでもあって、基本的にそういう環境には感謝、です。われわれの分野(科学史)は、どうしても隣接領域のよくわからない動向に付き合わねばいけないところがあって、日本にいるとその点がうざったい(特に何か自分が発表したりするわけでなくとも、そうした動向をチェックしたりしているだけで疲れる)のですが、当地では、科学史家は科学史をやっていればよろしい、という雰囲気がなんとなく感じられて、それははなはだありがたいことです。一方で、何か書かねば、発表せねば、というプレッシャーが少ないので、多少のんびりしがちということはありますが、じっくり毎日史料に向き合う、という姿勢が貫けているので、さほど問題はないでしょう。
 こうした、静かな研究環境がいつまで享受できるやら。たとえ他人による邪魔が入らずとも、ここ数日のようにモスクワも猛暑に襲われたり(日本と違って夜までくそ暑い、ということはないですが、この国には基本的に冷房というものがないので、日中の活動の効率はやはり落ちる)、今月上旬のように健康状態が崩れたり、ということもあるし、油断はできません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2ヶ月 科学史、音楽、露西亜、そして、、、/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる