科学史、音楽、露西亜、そして、、、

アクセスカウンタ

zoom RSS ロシアの食文化をめぐって

<<   作成日時 : 2007/10/03 06:06   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

 しばらく放置しておりました。皆様いかがお過ごしでしょうか
 10月になりましたが、まだ10月なのか、というのが偽らざる気持ちです。9月は研究面で驚くほど充実しており、快調だったのですが、10月に入って反動が来たりはしまいか(経験上、こういうことはありがち)、と戦々恐々としております。
 ともあれ、肩の力を入れすぎずにがんばっていこうと思います。

 今日は軽めの話題として、ロシアの食生活についてをば。
 ロシアは意外に固有の料理に乏しい国だな、というのが累計半年ほど住んでみて思っていることである。注意してほしいのだが、これは、全般としてロシアの食生活が貧困だ、という意味ではない。
 このことをもう少し説明するため、以下、簡単だが、モスクワで味わえる料理をいくつかご紹介しよう。といっても、実は3年前に留学した際にも同様のネタで旧サイトに文章を載せたことがあるのだが、もう覚えている人も少ないだろうから(書いた本人ですら何を書いたのか忘れかけているし、いまさら読み返す気も起こらない、ときているもので)重複を承知で書くことにする。パン、肉料理、そして甘いものをほとんど食べない私のことだから、相当偏りが見られることと思うのだが、強引に結論まで持っていきたい。

・ペリメニ
 水餃子。個人的には中国風餃子よりも癖がなくておいしいと思う。マヨネーズとあえてもいいが、しょうゆと抜群に相性がいい。
 これはシベリア起源。中国の影響で発祥したのだろうか、と思うのだが、ロシア人の誰か(誰だったか忘れた)に聞いたら否定された記憶がある。この件は謎。

・シー
 野菜スープ。キャベツ風味だが、時々ジャガイモがたっぷり入っている。これはロシア起源の代表的なスープ。

・ボルシチ
 有名な赤色風味のスープ。こちらの料理には珍しく、やや辛めだが、サワークリームを入れてマイルドにするのが定番の味わい方。寒いときに屋外から帰ってすぐにいただいたりすると、大変おいしいだろうと思う。ウオッカにもよく合う。
 これは、よく知られていると思うが、実はウクライナ起源。

・ピロシキ(単数ではピロジョーク)
 パサパサ系(どうでもいいが、最初「派さ派左傾」と変換された。何なんだこの俺のマシンは。持ち主に似たのか)のパン。中身にはキャベツ、イクラ、チーズ、肉、米(!)などいろいろある。まあ、ロシアのおにぎり、ですな。
 これはロシア起源、だと思う。確証はないが。

・スロイカ
 ピロシキがロシアのおにぎりだとすれば、これはロシアの手巻き寿司であろう(意味がよくわからないな)。パイ系で、中身にはピロシキ同様、いろいろある。レモン入りが個人的にはお気に入り。
 これもロシア起源、だと思う。いまいち自信がないが。

・プロフ
 日本語で言うところのピラフ。肉野菜と米との絶妙な絡まりあいを楽しむもの。本場の中央アジアでは油の海の上に浮かんでいると思われるほどねちっこくなるそうだが、モスクワでは、日本と同じく、比較的パサパサである。
 上述したように、これは中央アジア起源。

・シャシリク
 いわゆる串焼き。日本の串焼きと異なるのは、その大きさの豪快さぶり。こぶしぐらいある肉野菜をひっくり返しながら焼いていく。ちなみに、食す時には自分で串からはずすのではなく、店員の人がはずした上で持ってくるのが一般的なようだ。
 材料は豚、牛、羊、野菜などいろいろ。たれは日本のとさほど違わないように感じた(私の言うことですからあまり当てになりませんが)。残念ながら、モスクワではいまのところ、これというほどおいしいのに出会ったことがない。結構高いのだが。
 これは、カフカス(コーカサス)系料理。焼いているのも大体カフカス系の人である。

・カフカス系のパンいろいろ
 いろいろ、といってももちろんちゃんと名前があるのだが、すみません、覚え切れておりません。総じてピロシキなどよりも豪快な大きさを誇る。ピロシキやスロイカを売っている店の隣などに、よく、競い合うかのようにこうしたパンを売っている店がある。

・カツレツ
 カツレツは実はロシアにもある。あまり日本のものと大差ない。ちなみにウクライナにも名物、キエフ風チキンカツレツがある。キエフで食べてみたが、おいしいけれども取り立てて変哲のない味に思えた。
 しかし、これってどこ起源だろう。知っている人がいたら教えてほしい。

 以上、ほんの一部をご紹介したが、なかなかロシアの食文化は豊富・多彩で、目移りがする。しかし、その中で、ほんとうにロシア起源の料理を探してみると、意外に少なかったりする。そう、帝国主義的拡張の中で、この国はさまざまな地域の食文化を取り込んでおり、そこで獲得した状況が今に至るまで継続されているのだ。
 このことをもう少し一般化して言えば、つまり、広大なこのロシアという国は、ヨーロッパ系人種の国のようでいて、その中に、幅広く異質な諸文化を内包している。そしてそれこそが、この国の不思議な魅力を形成している要因の一部分となっている。

 まあ、ともあれ、食文化に興味があってユーラシアのさまざまな料理を堪能したい、と思っておられる方は、一度モスクワになど足を運ばれてはいかがでしょうか。物価、高いですけど…

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
そちらはもう寒い時期なのでしょうか?地図でみてもあまり実感が湧きません。一度は行ってみたいですね、結構お金がかかるもんですか?さて、いつごろお戻りの予定ですか?こちらは今週末の練習に備え、苦しんでます。
by DSCH
元気そうで何よりです。
2007/10/03 09:16
ほんと、元気そうで何よりです。
ロシアの美味いもん、いろいろ食べてみたいなぁ。ロシアの手巻き寿司とかさ(ってなんだそれ)。
早く帰っておいでー★
ka-nax
2007/10/03 12:03
どうも、お二人とも、お久しぶりです。
こちらは意外とまだ寒くはありません。室内はTシャツ一枚で過ごせますし、外も、日本の冬用の装備で十分です。
ロシア旅行にお金がかかるかは、一概に言えませんが、モスクワの宿泊費、外食費は総じて、東京並か東京よりも高いようです。やれやれ

ところで今週末から練習開始なんですね。大変だ…何せ、今回の演奏会、曲目の選択が無茶ですよ^^

私は11月25日に帰国する予定です。そろそろ日本酒やおにぎりが恋しくなってきている一方、もう少し居たい気持ちもあり、複雑な心境です。
帰国したらまたお会いしましょう。お元気で!
金山浩司
2007/10/03 19:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロシアの食文化をめぐって 科学史、音楽、露西亜、そして、、、/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる