科学史、音楽、露西亜、そして、、、

アクセスカウンタ

zoom RSS 惰性の力

<<   作成日時 : 2008/04/17 18:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 論文執筆中。締切(研究会)が5日後に迫っている。さすがに少し尻に火がついてきた。
 アウトラインを練って執筆を始めたのは先月終わりごろで、正直精神的には調子のよくない時期だった(ここ一カ月というもの、二日にいっぺんしか自分の仕事はできていないように思う)のだが、なんだかんだと執筆は進んでいる。今50枚ほど。分量的には8割ぐらい書けただろうか。まあ、そうはいってもこの先落とし穴があるかもしれませんが。完成すれば今年に入ってから仕上げた三本目の論文ということになる。おお。

 落ち込んでいても、仮に絶望的な気分に陥っていたとしても、不思議と論文だけは書ける。最近つくづく思うのだが、これは学問への情熱やら才能やらのなせる業ではない(少し前まではそんな風に思いあがっていたが)。まして誰かに魔法をかけられているわけでもない。10本近くも書いていると、論文というこの七面倒くさい構築物さえ(ネタさえあれば)惰性である程度は組み立てられる、そういう散文的な話ではないか。ダサい結論だけど。
 惰性の力をうまく利用するには「駄作上等」と思っておくのもコツかもしれない。もちろん人に見せるものである以上ある程度の質は保たねばならないし、いつもいつもそんな気持ちではさすがにまずいかもしれないが、三本に一本ぐらいは、力まず、駄作で十分、学問的価値が少しでもあればそれでよし、程度に思っておく。そうすれば、とにかく先へは進めるし、先へ進んでいる実感さえあれば深刻な精神的危機もある程度は回避できる。

 そんなわけで、論文が書けない、こんなことを一生続けるなんて無理だ、そんなパワーはないとお悩みの研究者志望の大学院生よ、自棄にならないように。数年たてば、大して力を込めなくとも論文が生産できるようになっているかもしれない。まあ、それが幸せなことかどうかは何とも言えませんが。

 しかしなあ、こんなことを書くようでは俺も(以下略)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今年に入って3本目・・・!?

う〜ん、軽く自己嫌悪・・・(こっちは1本仕上げただけじゃ)

あんたはえらいのう・・・

ひら
2008/04/18 14:28
いずれも推敲・投稿はこれからなのですが(苦笑)何年も同じテーマの周りをぐるぐる回っていると、知らず知らずのうちにネタがたまってくるもので。

今書いている論文は去年モスクワで仕入れたデータを適当に並べ直して吐き出している、そんな程度のものです。でもまあ、読んだけど忘れかけていた史料の内容を思い出す、という効用はありますね、論文執筆には。
kanay
2008/04/18 17:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
惰性の力 科学史、音楽、露西亜、そして、、、/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる