科学史、音楽、露西亜、そして、、、

アクセスカウンタ

zoom RSS ロシア語―書いてこなかった人が陥りがちな誤りのパターン

<<   作成日時 : 2009/01/28 01:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 自分のロシア語歴は結構長いのだが、正直なところ、文法やら何やらであやふやになっていることはいまだに多く、今回長めの論文めいた文章を書く過程で、次々とそうした穴が露呈してしまった。たぶんこうした弱点の多くは、私が今まできちんとした文章を書くことをあまりやってこなかったことに起因していると思う。
 そうした反省を踏まえ、外国人、とりわけ会話と読書しかやってこなかった中級ロシア語学習者がひょっとすると陥りがちなのではないか、と私が推測(邪推)する点を挙げてみることにします。ええ、自分の恥をさらすことにもなりますが。

・ШとЩの区別、ИとЙの区別
 読んだり会話したりするぶんには、あまり深刻な問題にならないので、真剣に憶えようという気が起きない。それであやふやになる。
・動詞に続く名詞の格支配
 なかなかこれが頭に入らない。いや、動詞を憶えるときに最初からセットで憶え込めよ、という意見はごもっともですが。
・Ьで終わる名詞の性
 ロシア語の場合、基本的に名詞の性をいちいち憶える必要がないだけに、この手の名詞が「地雷」になる。
・前置格支配の前置詞на か в かどっち?
 まあこれは外国人には手に負えない課題のような・・・たいていの場合はвにしておけばいいのかな(適当だ…)。
・一部の中性名詞・女性名詞の格変化
 なぜかこれがいつまでたってもすらすら出てこない。俺だけか? 一種の不規則変化のように思えてくるときが。

 馬鹿にするな、そんなことぐらい大丈夫だ、という人には何も言うことはありません。ただ、ひょっとすると独学やそれに近いような人は結構、以上のようなことで頻繁にコケているのでは、と、老婆心ながら思いまして。
 
 ロシア語は、文法構造が堅牢なので読むぶんにはありがたい(誤解の余地なくすらすら頭に入ってきやすい)言語なのですが、書く・話すとなると地獄ですな。聴くのは・・・訓練しだい。精進します、ハイ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロシア語―書いてこなかった人が陥りがちな誤りのパターン 科学史、音楽、露西亜、そして、、、/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる