科学史、音楽、露西亜、そして、、、

アクセスカウンタ

zoom RSS 嫌いなもの-ヴィザ

<<   作成日時 : 2009/01/28 18:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 数年前まで、嫌いなもの、なくなってほしいものは何ですかと問われても、―いや実際にはこんな質問をされることなどまずないけれども、仮に問われたとしても―、ちょっと返答に窮していただろう。で、変に抽象的なもの(米帝の傲岸さ、とか)を苦しまぎれに出していたかもしれない。
 しかし今では即答できる。「ヴィザです」。まったく、この、厳然たる国家間の壁を象徴する書類のために、滞在国に有力な紹介者・保証人(大学など)を持たない私などはどれだけ神経をすり減らしてきたことか。
 ヴィザ制度は、実際に人々を威圧し、人々を疲れさせ、人々の交流を妨げていると思う。
 私は西欧礼讃派ではないつもりだし、欧州に旅行したり留学したりする人たちをうらやましいと思ったこともあまりない(むしろ逆に、なぜいまさらヨーロッパになど行くのか、という気すらする)のだが、渡航の際ヴィザ関連の壁が低いということだけは、心底うらやましく思う。(日本人がロシアに滞在する場合、たとえ一日であってもヴィザを取得しなければならないのだ。まったく、野蛮な外交関係である)
 で、逆に、比較的多くの国に自由に行けるパスポートを持っている、ということで日本人に対する羨望を抱く人たちも世界にはたくさんいるのだろう。頼むからそんなことで評価しないでください、と恥ずかしくなる。

 ちなみに3月の一ヶ月間、一時帰国します。これもヴィザ関連のおかげです。帰るのがいや、というわけではないのだが、まったく…

(1月29日、タイトル変更しました)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
報告お疲れ様です.やっぱりこの問題が一番大変ですね.今後は小売部門で外国人に労働ビザも下りなくなるという報道もありましたし,直接には関係しないものの,ますます私たちにとって厳しい状況となるかもしれませんね.うーん,なんと言うか.とにかく上手くいくことをお祈りいたします.
じんくわん
2009/01/29 03:21
 いやはや、本当に面倒くさくて鬱陶しいですよね、ヴィザ関連は。外国に暮らす人間が、否が応でも、厳然たる・融通の利かない・猜疑心に満ちた国家同士の壁なるものを感じさせられるところです。そういう意味では、この制度にもある種の教育的効果はあるのかもしれません(はは)。
 私の一身上のことは、まあ、もがいてみて何とかしますが(何とかうまくいきそうです、今のところは)、もうすこし公の領域に思考を広げてこの問題をとらえてみたいな、とも思っています。そうでもしないとさんざん振り回された恨みが晴らせない、と言いましょうか。
金山浩司
2009/01/29 06:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
嫌いなもの-ヴィザ 科学史、音楽、露西亜、そして、、、/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる