科学史、音楽、露西亜、そして、、、

アクセスカウンタ

zoom RSS ロシア語には「―について」を意味する表現が異様に多いということについて

<<   作成日時 : 2009/10/16 07:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

 今午前二時なのだが、どうも眠れない。仕方がないので、寝床でつらつらと考えた、どうでもいいようなネタをつづることにする。ロシア語を中級以上に知っている人でないと何のことやら、かもしれませんが。

 「−に関して」という表現は多分どこの国の言語にもあるのだろうが、日本語だと「―について」「―に関して」の二通り程度のヴァリエーションがあるだけ、だろうか。しかしロシア語には、これを意味する表現がなんだか非常に多いような気がする。
 「―について」をロシア語で? と言われて誰しもすぐに思いつくのは前置詞о+前置格だろう。実際これで用は足りるはずなのだが、ほかにも

про +対格
в отношении +生格
что касается +生格
по поводу +生格

 なんてのがある。(まあ3番目の表現はある意味別種、かもしれない)
 あとここまで来るとちょっと書き言葉的すぎるかもしれないが относительно+生格 なんて表現まである。私程度のロシア語力でも、辞書なしで6つも挙げられるのだ。多分熟練したロシア語の使い手ならもっと他にも同様の表現を知っているのではないか。

 今日の話には別に結論もオチもないのだが、
 なんでロシア語にはこんなに「―について」という表現が多いのだろう?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
ロシア語できないので残念ですが、おもしろい話題ですね
日本語では「〜をめぐって」を使う例もありますね
うぐいす
2009/10/16 20:25
うぐいすさん、どうもコメントありがとうございます。よもやこのエントリーにコメントが付くとは
「ーをめぐって」に関してはそれはそれでロシア語に対応する別の表現があったりします(笑)

ところでうぐいすさんの使用言語って ドイツ語でしたっけ?
金山浩司
2009/10/17 04:45
「〜に関する」と「〜における」がほぼ同義で使われることもありますよね。

国民投票法に関する憲法上の問題点、国民投票法における憲法上の問題点

あー、でもなんか少し違う気もするかなぁ。
だいご
2009/10/17 07:17
>だいご

コメントありがとう。確かにそういえば、「―に関する」「―における」の区別はあいまいだなあ。少なくとも俺が使う場合は(いずれも論文などでよく使う言葉だけど)。
ロシア語で「―に関する」に相当する諸表現(このエントリーで挙げたような諸表現)を「―における」と訳しても違和感ない場合も多い、かもしれません
金山浩司
2009/10/17 14:03
そうです<ドイツ語
覚えていただいてて嬉しいです

論文の題名だと、「〜について」を固くいうと
「〜に関する一考察」とかになっちゃうこともあるけれど、
エッセイ的な文章だと、「〜のこと」もありますよね?
(「〜のこと」も欧米語ではたいてい前置詞+名詞でいけそう)
「〜のこと」って日本語は一見無意味な感じがするけれど、
人名をあてはめると、なんだかしっくり落ち着きます。
<人名+先生>や<人名+君>だと、
同窓会冊子や学内新聞の追悼文みたいな響きになってしまいそうですが。

うぐいす
2009/10/17 15:11
私の言語感覚ですと、「人名+のこと」と題された文章は追悼文以外の何物でもない気がします笑

で、「人名以外のもの+のこと」という題名のエッセイはあまり見たことがありません。やっぱり「ーについて」とするのが普通じゃないですかねえ
金山浩司
2009/10/19 01:23
確かに、「について」のほうが、題名では普通ですね。
一方で、「人名以外+のこと」エッセイも、あるはず・・・いや・・・どうだっけ・・・と、気になってきてしまったので、アマゾンでエッセイ大検索。(何やってる、わたし・・・)
その結果。商業出版物において、「〜のこと」系タイトルのエッセイは、稀にだが存在するという感じでした。例:

司馬遼太郎「米のこと」「防衛のこと」(『司馬遼太郎が考えたこと4』)
井上靖「遣唐使のこと」(『井上靖全集 エッセイ』)
長田弘「樽の中の哲学者のことなど」(木田元[編]『哲学 日本の名随筆』)
日本エッセイストクラブ[編]『父のこと、母のこと』

なお、わたしの好きな村上春樹は、「〜について」系タイトルのエッセイをかなりの数書いているのに対し、「〜のこと」は見つかりませんでした。

こんな超無駄な作業ばかりおもしろくなってしまうのも、留学先の空がどんよりしているからかしら。
うぐいす
2009/10/19 17:00
おお、調査ありがとうございます。
この作業、決して無駄ではないと思いますよ。日本語学者のところに持っていけば貴重な題材として受け入れてもらえるかも(それとも言語学の中ではすでに研究されているテーマでしょうか?)。
空がどんよりしているのはつらいですよね。幸い今年のモスクワは、普段は曇りの多い10月も快晴続きです。そのおかげでだいぶん精神的に救われているように思います。お日様は偉大だ。
うぐいすさん、留学先はドイツですか?
金山浩司
2009/10/20 00:42
そうですよ
今月はモスクワのほうが天気がよさそうですが、
ここベルリンも本日は晴れ間がみえました
うぐいす
2009/10/20 04:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロシア語には「―について」を意味する表現が異様に多いということについて 科学史、音楽、露西亜、そして、、、/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる