科学史、音楽、露西亜、そして、、、

アクセスカウンタ

zoom RSS 無題

<<   作成日時 : 2009/11/26 04:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

・ビーフストロガノフに今夜も挑戦。今晩はこちらで売られているかったい牛肉に一矢報いるべく、「よし、今晩はお前らを骨抜きにしてやる」との戦闘的態度をとってみた。夕方から戦闘気分満々で、一時間以上とろ火で煮込んでみた。
 で、その肉を使っていつものように作ってみたのだが、あまりにも柔らかすぎて歯ごたえがなくなっていたorz 過ぎたるは及ばざるがうああ
 ううむ、ビーフストロガノフって、製法は単純なんだが、それだけに奥が深いですねえ。修業せねば。

(追記:ある程度肉が冷めればそれなりに歯ごたえは戻ってくる。しかし当然ながら、冷めすぎた肉はうまくない。うぬう)

・今日も今日とていやいやながらD論見直し。ページ数に換算すれば半分以上は見直したのだが、序論のような難所を先送りにしたうえでのことなのであって、別に作業が半分以上済んだ、というわけではない。
 とにかく、3週間後にはD論の作業もとりあえず終わっていることだろう。それを心の頼みとしてじわじわやるしか。しかし長いよなあ、この行程。仕込みを含めると5年以上、か? 計算によるが。
 多くの人は(D論に限らず色々なことを)、こんなにだらだら作業することなく短期決戦で仕上げるのかもしれない。精神衛生上はそのほうがいいのではないかと思う時もある。しかし私が数年研究やって見出した自分なりのスタイルというのは、やっぱり長期だらだら型なのだよね。締め切りよりもはるか前に作業を始め、そして一日一日のうちにはたとえ締め切りが迫っていようとも無理に作業時間を詰め込まないようにする、という。ベタな言い方をすると「毎日コツコツ」型、ということになる。ちくしょう地味だなあ。
 一日に10時間以上も仕事するなんてとんでもないし、まして徹夜なんて考えただけでも身ぶるいがする(ガンになることを考えるのと同様のおぞましさをおぼえる)。休息は365日毎日、一定以上必要。そうでないと壊れる。そう思ってもできない人が世の中の大多数なのだろうが、すみませんです、私が今自分のペースで仕事配分を決められる境遇にある以上、最大限この環境を活用させていただきます(で、そんなことを怠慢の言い訳に使っているのだな。いかんいかん)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
無題 科学史、音楽、露西亜、そして、、、/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる