科学史、音楽、露西亜、そして、、、

アクセスカウンタ

zoom RSS なんでこの国では外出するだけでこんなに疲れるのか

<<   作成日時 : 2009/12/15 04:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 今日は私にしては長時間外出してきた。疲れた。

 日本での外出よりもこちらでの外出は疲れる。そんなもの当然だろう、と思われるかもしれないが、ちょっと今日は分析的思考みたいなものを働かせつつ、何でロシアでは(あるいは外国では)日本よりも外出すると疲れるのか、という問題を考えてみます。暇なもんで。

1.寒いから
 寒さは容赦なく体力を奪いますな。今日なんかはモスクワにもマローズ(注1)がやってきて、気温はマイナス20度近くまで下がりました。ウオッカですら凍るんじゃないかというような寒さ。しかも個人的なこと言うと、今日はそんな中外を20分近く歩くはめに陥りまして(注2)。
 寒いのが好きな私も、さすがに、足が凍え、顔が凍え、手の感覚がなくなりつつあるのを感じるに至り、死ぬかと思った。これは疲れます。屋内(地下鉄構内含む)に入るともちろん復活安心するわけですが、一方、急激な温度変化が人体にいい影響を及ぼすはずもない。

2.周りが「ガイジン」ばかりだから
 モスクワにはわりとアジア系の顔立ちの人もいるのですが、せいぜいそれは3パーセント(私の感覚では)というところで、そのあたりを歩く人々のうち圧倒的多数はやっぱりスラブ系であり、広義のハクジンであります(注3)。図体でかい肉食系人種(おっと失礼、他意はありません)に囲まれるとやっぱり、無意識に緊張するんでしょうね。

3.人々が持つテリトリー感覚が、日本人に比べて狭いから 
 人間、それ以上近づかれると何となく気持ちが悪い、お互い避けようとする限界の距離というのをそれぞれ持っていると思うのですが、見たところ、ロシア人連中は赤の他人相手であってもこのテリトリー感覚が日本人に比べて相当狭いような気がします。そうするとどうなるかというと、たとえば向かい合って歩いてきてそのままぶつかることが予測されるときでも、日本人からすると相当近いぞ(危険だぞ)と思われる距離にまで近づかないと、やっこさんは最終的に避けようとしない、というわけです。つまり道を歩いていて、対面から押し寄せてくる人が自分にぶつかりそうではらはらする、かといってこちらから道を譲るのも癪であるのでギリギリまで近寄ることになる。こうしたことがいちいち、無意識的にせよプレッシャーになっている、と思われます。特にモスクワの地下鉄構内なんかは狭くて常に人がごった返していますし、ぶつかりそうになる局面は外出すると何度もある。
 テリトリー感覚はたぶん人間である以上みな生得的に持っているのでは、と思うのですが(注4)、どうも生まれ育った環境により、テリトリーの具体的な距離は相当左右されるのではないだろうか。
 で、言葉のなまりやゼスチャーなどと違って、これはなかなか修正あるいは習得することはできない(ことに私のように30も過ぎた今となっては)ような気がなんとなくしています。これがもし正しければ、私は今後、ほかの面でいくらロシアに適応できたとしても、同じような疲れを感じ続けることになるのでしょう。やれやれ

 今のところ、3番目が冒頭で掲げた問いに対する一番大きな答えではないかと、私は思っています。どうかな

注1:寒波・酷寒。
注2:まあ自業自得だったんですがね。
注3:このあたりが、モスクワがあまり国際都市という感じがしない理由の一つでもある。
注4:なんとなくの勘。生物学的あるいは心理学的にちゃんと言えるのかどうかは知らない。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
3にはすごい同意します.

とりわけ,わたしが感じるのは友人関係の場面での近さです.
わたしは日本ではかなり距離の近い人間ですが,こちらは握手がまずすんごい近いです.腕を真っ直ぐに伸ばした握手なんてありえません.そして,そこから親しくなると割とすぐに首に腕を回すのです.
ちなみに,ぼくのいる辺りではどうも距離を一歩詰めると,それを開けるのは許されないみたいです.ってことはですね,誰がどの距離かを覚えていないといけないってことです.ぬぉ,めんどい.
かも
2009/12/18 06:18
 親しくなったときのロシア人のスキンシップの度合いというのは人によりますが(私に対しては向こうも遠慮しているか、怖がっている、というのもあるのか、それほどべたべたしてこない場合が多い)、一般的な距離感は、やはり日本で生まれ育った人間の感覚から言わせてもらえば、近いですね。こういう点に関してはロシア人も結局欧米人だな、などと雑駁な感想を抱いてしまいます。
 目を見て話すのも、かなり近い距離で話すのも、以前よりは慣れたように思いますが、なかなか皮膚感覚というものは矯正しにくいものですね。
 いやはや、お互い、異国での生活、お疲れ様でございます。
KanayVc
2009/12/18 07:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
なんでこの国では外出するだけでこんなに疲れるのか 科学史、音楽、露西亜、そして、、、/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる