科学史、音楽、露西亜、そして、、、

アクセスカウンタ

zoom RSS 安藤昌益はなぜこの地で

<<   作成日時 : 2011/07/13 19:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 八戸に来ている。ここに来た第一の目的は、江戸時代にこの地で活躍した思想家・安藤昌益の足跡をたどることである。
 昌益の(ちなみに不思議に思うのだが、日本の思想家って下の名で呼ばれることが多いですね。中国の思想家が多くの場合姓名あるいは通称で呼ばれること、近代以降の西洋の思想家がだいたい姓のみで呼ばれること、を考えあわせてみると面白い。)名を初めて知ったのは、90年代に広く読まれたヴォルフレンの著書『人間を幸福にしない日本というシステム』の中であったと思う。ヴォルフレンはこの中で、自由や平等といった概念は普遍的であって西欧に特有のものではないことを示す証拠として、江戸時代に、外国とは隔絶されたところでこれらの理念を育んだ思想家、昌益の名前を挙げていた。この著書の主張はともかく、昌益が八戸という地方においてこの思想をひそかに発展させていたということ、さらには、彼の思想は人間社会に関するものにとどまらず自然にも及んでいた、というよりむしろそこに彼の本領があったらしいことも、私の興味を惹いた。しかし数年間、私はソ連科学史の専門家となるべく博士論文に集中せねばならず、日本を長期にわたって離れていたこともあって、昌益に関する興味は、自ら寝かせておいたままであった。今年になって日本に帰り、旅行する時間の自由も得たこともあり、せっかくだからということで八戸を訪ねたのである。
 八戸の市街そのものには、ここがかつて城下町であったことを偲ばせるようなものは少ない。昌益の家なども現在の繁華街近辺にあったようなのだが、今では見る影もない。しかし、第二次世界大戦後の昌益ルネッサンスにより、この思想家の足跡と全貌を明らかにしようとする人々が多数現れ、また彼ら・彼女らの努力と情熱は並々ならぬものがあったようで、数年前、安藤昌益資料館が八戸の中心街にオープンしている。今日私も訪ねたのだが、酒蔵の一角を借りてのこじんまりした展示場であることが何やら微笑を誘う、貴重な史料―その数は必ずしも多くない―の数々と、今までに著された研究書が多数並べられている、素朴な温かみのある場所であった。今は解説も不足気味でやや雑然としてはいるが、今後、よりまとまった、堂々とした博物館に発展していくことを期待したい―それだけの価値がある思想家であるように思う。
 幕藩体制の中で平等思想等、相当にラディカルに見える考えを説いた安藤昌益を産んだ八戸という土地の特質はどこにあるのか、それを見極めたいとも思ったのだが、鈍才の哀しさ、現代的に塗り替えられた街並みを二日ほど見て歩くだけではとてもその疑問に対する回答は得られなかった。ともあれ、毀誉褒貶激しい、また、発見されてからたかが百年しかたっていないことなどの故に研究者たちの彼を見る目の客観性もまだ研ぎ澄まされていないようである、この思想家のことは、今後も気にかけていこうと思っている。私は当分彼を専門にする気はないが、もし老後という、現代日本では望むのが大変な贅沢となりつつあるものが幸いにして自分に許されることがあれば、それを彼の本を読むことに捧げるのもいいか、と漠然と思っている。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安藤昌益はなぜこの地で 科学史、音楽、露西亜、そして、、、/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる