科学史、音楽、露西亜、そして、、、

アクセスカウンタ

zoom RSS 『科学・技術・倫理百科事典』

<<   作成日時 : 2011/10/06 17:52   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

そんな事典が丸善から12月に出ます(出てほしい。はらはら)。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4621083872.html
原典はこちら。私も翻訳に参加しています。主に作業していたのは去年夏なのですが、いろいろあって最近また新たに2項目を訳していました。

いわゆる技術倫理や環境倫理がらみの項目だけでなく、文学者や特定文化圏(言語圏)の人々が科学技術文明をどのようにとらえていたか、特定の政治体制が科学技術にどう対峙してきたか、といった項目も多数あります。
英語圏でこうしたもろもろのテーマについてどのように理解がなされているのかを知りたい人にはお勧め。逆に、まあしようがないことですが、われわれのような英語圏以外に住む人間にはそれほど興味がわかないような項目や記述もなくはないです。
日本語版の同様の事典が刊行されることに期待します。もしかすると、そういった企画が実現できるかどうかが、我が国の科学論まわり業界のいろいろな意味での底力をみる試金石になるかもしれません。

私の訳したのは以下14項目。もうこれ以上増えないことを祈ります。これだけ多数を引き受けてしまったバカはたぶん私だけだと思う・・・
「ファシズム」「ザミャーチン」「ナショナリズム」「全体主義」「権威主義」「サハロフ」「バナール」「トルストイ」「ベルジャーエフ」「ロシア人の見解」「近代化」「チェルノブイリ」「保守主義」「国家による地質調査」

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『科学・技術・倫理百科事典』 科学史、音楽、露西亜、そして、、、/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる